梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち27歳。原因は椎間孔狭窄症か、梨状筋症候群か、その他の筋肉原因か...

今日のリハビリ 7

今日は代休を取って整形外科に来た。
いつもは運動療法から始まるけど、今日はマッサージだった。
右のお尻や太もも等、直接痛いところを揉んでいた。中臀筋と大臀筋の境目など、筋肉と筋肉の滑りが良くないらしい。
なんらかの理由で筋肉に炎症が起きたあと筋肉同士がその様な状態になると言っていた。
梨子の場合は体幹が弱くお尻の筋肉に負担がかかるのと、右脚の外旋に使う筋肉が硬くやはりお尻の筋肉に負担がかかるのだろうと言う。

でも、腰の神経障害でも下肢の筋肉が硬くなると思う、と言うと、うーん、と言っていた。
腰の神経の炎症で、その先のお尻や脚の筋肉が硬くなり、無理に動かして筋肉が痛み、筋肉の炎症に繋がっても、同じ様な状態になるのではないか。
先日ペインクリニックの先生にヘルニアと言われたこともあり、PTは筋肉原因と言うがやはり腰の神経ということも...と思う。

PTは、クリスマスイブは山梨に勉強に行くらしい。
寒いのに...多分雪降ってるのに...
そしてクリスマスは月曜日なので帰って来て仕事だという。
休みないじゃないですかと聞くと、学生のころからセミナーとかよく行ってたし、趣味みたいなものだからと言っていた。
熱心だなぁ。
勉強して梨子の治療に役立つように頑張るよとも言ってた。
善良な人だな(๑・̑◡・̑๑)