梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

絶対の診断

土曜日は若い普通の整形外科医の診察を受けた。

前回、梨状筋症候群でいいんですかね?と聞いたら、良いとおもいますよって言ってたのに。

股関節の権威には梨状筋症候群ぽくないって言われたと言うと、じゃあ違うんだねって言われた。

自分の意見はないんかい。権威の診断を丸飲みかい!

それでも、うーんうーん、と考えてくれてはいたが。。。

 「股関節の権威の診断は絶対だから」

f:id:tsuikannashiko:20170522191334j:image

今の病院に来た時、梨状筋症候群の診断について他の医師から言われた言葉。

前主治医は、梨状筋症候群という診断に全く納得していなかったが、「股関節の権威が言うなら、そうなのか。。。」と渋々受け入れていた。

それだけ凄い先生なのだろう。

それでも絶対はないんだと思う。

第一、はじめ下した梨状筋症候群という絶対の診断を、権威自ら否定している。

あと権威の、「梨状筋症候群ぽくない。」って、曖昧な言い方だとおもう。

絶対違うと思ったら、「梨状筋症候群ではない。」だとおもう。

 権威もよくわからなかったのかも?

それとも、はじめの診断が間違えだったと言い辛かったのか。よくわからない。

どちらにせよ、権威はもう梨子の面倒を見てくれていないので、想像でしか言えないが。

 💩