梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

腰に注射

S1神経根から背中側に枝分かれ​する​神経に麻酔を打った。神経根ブロックの時と同じくレントゲンで撮影しながらの注射になった。

注射を打つ前先生に、痛くない?と聞いたらそうでもないようなことを言っていた。

f:id:tsuikannashiko:20170731125741j:plain

割と痛かった。前回の神経根ブロックが全く痛くなかったので油断した。
注射中、なぜか股関節のよくわからない筋肉が痛くなった。

注射後しばらくしてまた診察室に入り​痛みの変化​を聞かれたが、やはり痛いところは痛いままで効果はよくわからない。
注射中の股関節の痛みも伝え、ちょっと様子を見るように言われその日は終わった。
翌日の方が効果は出ると言われたが残念ながらそんなこともなかった。
しかし、注射した腰の神経が延びる場所なの​であろう臀筋の上の方にいつもと違う痛みがあった​​。

​そういえば、​2週間後にまた来て下さいということで脊椎指導医の予約を2週間後に入れたのだが、その日は股関節の権威の診察が先に入っているのである。システム上の問題はないが、悪い気がする。

f:id:tsuikannashiko:20170731195005p:image

先生たちから見て、自分の治療を受けてるのに他の先生の治療も受けるの??と嫌な気持ちになるのではないかと不安だ。

しかも同じ日に。

しかし股関節の権威は予約が難しく今更変更は出来ず、脊椎指導医はその土曜日以外だと平日に会社を休まないと難しく、仕方ないのだ。