梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち25歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

股関節の痛みの推移 1

梨子が持つ痛みの歴史をざっくり振り返ってみる。

初めに違和感を感じたのは中学3年生の時だった。
座っていると、右の股関節に嫌な痛みを感じ、不快だった。
痛みを感じた時、股関節を勢いよく外旋させるとポキッ!!といい音が鳴り、不快感はなくなった。
当時受験生で部活は美術部だった為座ることが多く、不快な痛みが嫌だった。

f:id:tsuikannashiko:20170710181845j:image

高校生になっても不快な痛みが続いていたのでここで初めて地元の整形外科に行く。
股関節が痛いというと、首から太ももくらいまでのレントゲンを撮ってもらった。
触診もしたが、特に悪いところがないと言われた。ただレントゲンの右肩が下がっていると言われ、確かに右肩だけ下がっていた。

f:id:tsuikannashiko:20170710181902j:image

浪人生の頃、やはり座ってばかりで右股関節は痛かったが、湿布とエレキバンがあれば痛みはゼロに出来た。股間節をよくボキボキ鳴らしていた。

大学2年の春、右股関節がいつもより痛くなり、地元の総合病院の外科に行く。
先生はヘルニア等疑ったのだろう、腰のレントゲンを撮り(ヘルニアはレントゲンでは見れないが一応)腰も痛くないようだし、消去法で梨状筋症候群という診断をもらう。

f:id:tsuikannashiko:20170710182333j:image

そこで初めて梨状筋ブロックを打ってもらうが、殿筋がぎこちなくなり痛みは消えず。
その時は知識もなく、結構痛いのに筋肉が原因なんてありえない、くらいに思っていた。

つづく

股関節の痛みの推移 2 - 梨子と坐骨神経痛