梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

鍼・トリガーポイント

民間の治療院での体験、鍼について書こうと思う。

鍼・トリーガーポイント治療

​​市内の、鍼の治療院に週1で4回ほど通った。トリガーポイントを専門にした鍼だった。

指圧でどこにトリガーポイントがあるのかを探す。私の場合は中殿筋だ​と鍼の先生は言った​。

中殿筋の上の方をぐっと押すと、右の坐骨の下がとても痛くなった。

どういう原理かはわからないが、その日によって微妙に場所は変わるが、中殿筋を押すといつも痛い​。​坐骨の下がものすごく痛くなる。

マッサージもしたが、やはり中殿筋を押すとジーンと坐骨下が痛くなる。なるほどこれがトリガーポイントというものかと思った。​

でもどういう原理でそうなるのかはわからない。聞いてみてもよくわからなかった。

そしてそこに鍼を打つが、効き目がよくわからない。3回目の鍼で悪化してしまい、合わないのかもと思って止めた。

色々な治療院に足を運ぶ私を見て、ヘルニア持ちでぎっくり腰を年に2回くらいやる上司がよく行く鍼を紹介してくれた。鍼を腰やお尻に刺し、鍼に低周波を流す。一定のリズムで鍼に刺激が来る。

10回くらい行ったが効果がわからなかった。私には鍼は合わないのかもしれない。

再度、整形外科に

そもそも、それまでいくつか整形外科や大学病院などに行っても原因がよくわからず、民間の治療院に通いだしたのだが、色々な治療院に行っても良くならないので、やはり重大な原因、器質的な原因があるのではと梨子は考え始めた。

そして梨子はもう1度、整形外科を探して受診することにしたのだった。 

そして都内の整形外科でお世話になり、今の尾山台の整形外科に転院となる。

f:id:tsuikannashiko:20170517213631j:image