梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち25歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

水も滴るいいインコ

暑い日に水をかけられたごま。

水も滴るいいインコ。

f:id:tsuikannashiko:20170818221841j:image

メロン〜

f:id:tsuikannashiko:20170818222431j:image

とうもろこし〜

f:id:tsuikannashiko:20170818222040j:image

桃〜

f:id:tsuikannashiko:20170818222133j:image

ついつい甘いものあげちゃうけど、ごまはダイエット中。
果物はたまーにね!

体重計。39g。

f:id:tsuikannashiko:20170818233359j:image

動物病院で出されたペレット。ごま、嫌い。f:id:tsuikannashiko:20170818232644j:image

嫌いなペレットを手渡しで食べるごま。 f:id:tsuikannashiko:20170818231543j:image

いい子ちゃんだね、ごま。

レタスも食べてね。

f:id:tsuikannashiko:20170819191114j:image

 

今日のリハビリ 2

いつもリハビリの前に、医師たちのチェックがある。血圧を測って待っていると、A医師がやって来た。
A医師は専門を持たない整形外科医で、若く見た目が良い。
いつもは血圧を見てそのままリハビリに通されるだけだが、今日は少し話した。

どうですか、良くなりませんか、と渋い顔のA医師。
そうですね、痛いですね、と梨子。
A医師は3回しか診察を受けたことがないけれど、覚えてくれているのが嬉しい。
疼痛の原因がはっきりせず、股関節の権威と脊椎指導医の両方に見てもらっていること、しかし最近は腰原因ではと思っていること等話した。

f:id:tsuikannashiko:20170819233703j:image

リハビリ室は混んでいた。隣に座った髪の長いキリストみたいなおじさんは股関節の権威の患者らしい。状態が非常に良いと権威に言われたと嬉しそうにPTに話していた。股関節の手術を受けたのだろうか。いいなぁ。

f:id:tsuikannashiko:20170819233735j:image

今日の運動療法はいつものPTでなく、若い柔道整復師だった。
彼は鍛える事で筋肉が緩むこともあると言い、梨子が今までにやったことのない外旋筋の筋トレを教えてもらった。
徒手療法のPTは髪型が変わって雰囲気が変わっていた。

帰り際、診察室の前を通ると股関節の権威がいた。権威は実はこの病院の先生ではなく、遠くの大学病院から不定期で来ているらしい。病院側が股関節の専門診としてお願いしたのだろうか。権威も大変だ。 

悲しい夏

このブログを始めたのが5月のGWで、私は夏ごろまでには自分の疼痛の原因を突き止め、治療や効果的な痛みの緩和に向けて前進していると予想していた。

夏までには少しは楽になっているだろうと思い、夏用のあの帽子がほしいなとか、マリメッコのバッグかわいいなとか、痛みの中でもポジティブな面があった。
今は辛いけどきっと上手くいくよとどこかで思っていた。

でも、7月に入り蝉たちが鳴きはじめて、もう夏であることに気付いた。
今年の夏も元気に楽しめないなと気づいて、今までの気持が虚しくなった。

f:id:tsuikannashiko:20170819205404j:image
夏用の帽子も欲しいと思わなくなったし、マリメッコいいなともあまり思わなくなった。

自分の為になにかをしようという気持ちが薄れていった。

これから秋になる。
寒くなると筋肉も硬くなるし、だいたい症状が悪化していく。
夏までに改善できないと厳しい。秋から冬にかけては希望があまりもてない。

去年も同じだった。
去年の春はまだ前の病院で、PTのおじちゃんとリハビリに励んでいた。
きっと良くなると秋までは自信を持っていた。
しかし、春がすぎ、夏もすぎ、秋がきて。
ずっとかなり痛い、頑張っても痛い、そんな状況が秋を過ぎても続いて、自信をもてなくなってきた。

また去年を繰り返したくない。
絶対嫌。
でもそうなるのかな。

痛いだけの孤独で悲しい秋。

ホオズキを買った。

f:id:tsuikannashiko:20170819192352j:image

きれい。

右の卵巣と脊椎指導医

お盆最終日は脊椎指導医の診察だった。
L5神経のブロック注射をして、診察自体はあっさり終わった。
指導医が梨子にブロック注射をするとき、右足がビクッとなった。

診察の中で、婦人科に行く予定はあるか聞かれて、あると答えた。子宮内膜症による左卵巣嚢腫の保存療法としてピルを貰いに行く為だ。

なぜ、婦人科に行くか聞いたのですか?と指導医に聞くと、数日前受診した股関節の権威のカルテに、腰痛・坐骨神経痛の原因として、婦人科系の病気を疑う由のことが書かれていたらしい。

でも、チョコレート嚢胞は左の卵巣ですよ?MRIに出てます。というと、指導医は最新の股関節MRI画像を見だした。

これかなぁ、あれ、でもなんか、これなんだろう、と指導医。
梨子がMRI画像を見ると、右の卵巣らへんに変なものが映っている...

f:id:tsuikannashiko:20170818151151p:plain

f:id:tsuikannashiko:20170818151207p:plain

細胞分裂したような、ボコボコした丸いものが.....
怖い、なにこれ。
最近月のものの調子もおかしいし、やっぱりまた変なものが出来たのだろうか。卵巣に歯や髪の毛が出来るやつだろうか。

ちょっと、婦人科のほうで診察を受けてみてはいかがですか、とよそよそしい指導医。
直近の股関節のMRI画像を持っていけるように、CD-Rに焼くように手配してくれた。

ただこの病院のCD-Rのデータ、PCで開くと、「PCに害を及ぼす可能性があります」というサインが出てしまって産婦人科の先生開いてくれないんだよな。聞いてみたけどこのデータの形式しかないらしい。

先生が冷たい

今日の脊椎の先生はいつもより冷たかった。
注射してさっさと終わってしまった。
前は優しかったのにな。
私は先生たちに頼るしかないのに。

良くできなくてもせめて希望や、面倒見てくれてる感という心の支えをくださいよ。

 

ムリ。嫌いになった。
嫌だな。

すみだ水族館 金魚

昨日の夕方、少し調子が良かったのでひとりですみだ水族館に行った。

夏なので、すみだ水族館の一角で金魚が展示されている。展示の仕方がとてもかわいい。

f:id:tsuikannashiko:20170815004447j:image

f:id:tsuikannashiko:20170814225015j:image

照明のせいか、とても幻想的な金魚が撮れた。

f:id:tsuikannashiko:20170814225147j:image

f:id:tsuikannashiko:20170815005535j:image

最近、夜のプールがインスタ映えすると若者に人気だそうだが、きっと照明のせいでやたら綺麗に映るからかもしれない。若者......(´-`).。oO

f:id:tsuikannashiko:20170814230737j:image

カラフルなでめきん!

f:id:tsuikannashiko:20170814225427j:image

f:id:tsuikannashiko:20170815005345j:image

金魚すくいのような水槽。

f:id:tsuikannashiko:20170814225503j:image

昔、縁日でよく見た金魚さん。

f:id:tsuikannashiko:20170814230935j:image

綺麗な子。

f:id:tsuikannashiko:20170815010206j:image

股関節の権威3

昨日は股関節の権威の診察だった。
緊張して、診察室の前で待っている間お腹が痛かった。
「梨子さん」と股関節の権威が顔を出し私の名前を呼んだ。

幸運にも、昨日の権威は怖くなかった。前はもの凄く忙しそうにして、触診も診断も喋り方もマッハだったのに、今回はMRI画像を見たり私の話を聞いたりして、うーんと考えていた。

f:id:tsuikannashiko:20170813130002j:image

途中、左足を主に触診し、そのまま触診が終わってしまったので、?と思い、「私の痛いの右ですよ?」と言うと、「あ!ごめん」と右足の触診を始めた。

右足を外旋させると痛いんですよ、と仰向けに寝たまま右足を外側に捻ると、梨状筋症候群だったら内旋だから、と逆に内側に捻られた。うん、痛くない。

権威は席に着き、梨状筋症候群ではないね、と言った。自分の診断を否定した。

そして権威は、お腹痛くない?と聞いてきた。生理はちゃんと来る?周期は?痛みは?と。
婦人科系の病気からの痛みを疑っているようだ。

正直に、左が卵巣嚢腫ですと言うと、MRIを見ながら、これ機能性嚢胞ではないの?(排卵後に液体が溜まり、自然になくなるもの)と聞かれたので産婦人科で血が溜まってると言われたと伝えると、チョコレート嚢胞かぁ、と言っていた。専門外なのによく知ってるなぁと思った。

f:id:tsuikannashiko:20170813130039j:image

でも、卵巣嚢腫はここ1年くらいで出来たもの、去年の春産婦人科でエコーかけた時はなにもなかったこと、右の坐骨下や股関節周りは中学3年生あたりから既に痛かったことを伝えた。

また、権威は右の臀部のMRIでなんとなく白くモヤがかかって見えるところが気になり、読影医に読影をお願いしていた。

脊椎の先生に梨状筋ブロックを打ってもらった時、逆にとても痛くなった話もしたが、よくわからないようだった。

そして診察は終わった。いつもの如くなにも解決はしていないが、また面倒をみてくれるらしい。よかった。
先生の都合上、次の診察は1ヶ月後だが......