梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

本来の自分

先週末から調子が悪い。
最近調子がいいなと思っていたので、悲しい。
相談できた人とも繋がれなくしてしまったので、心細い。

なるべく暗くならないように、しているつもりだけど、 痛いと心の引きこもりになってしまう。

本当に心細い。
とても心細い。

遠方に、会社の記念パーティーに参加した日は痛みが殆ど無く、 気分が晴れやかで、 話したことのない人に沢山話しかけることが出来て楽しかった。
本当の自分はこっちなんだ、と思えた。
痛みがなければ内に篭らず、 まわりと繋がりをもって楽しく過ごすことの出来る人間なんだって 。

同期にも、 梨子は入社したころはもっと明るかったし元気だったって言われた 。

先輩は、痛くても旅行とか行けるでしょ、気の持ちようでしょ、 と言うけれど、 気持ちの問題でどうにかできないから困っているのです。

痛みのせいで内にこもって、 暗くなっている自分は本来の自分じゃない。
だから、この状態になってからの私しか知らない人は、 本来の私を知らないと思う。
痛みに執着してる訳でもない、 ただ痛いと辛くて全体的に内向きになってしまうだけ。

昨日は神経内科の先生に股関節を捻られて、今痛い。
リハビリで担当のPTが変わる度に、 はじめ股関節をたくさん捻られて翌日とても痛くなっていたのを思 い出す。

PT...信頼していた...PTさん......。゚(゚´ω`゚)゚。

楽しいことと、痛いこと

金曜日に遠方で会社の記念パーティーがあったので新幹線に乗って行った。
前は腰と脚が痛いから行かないといっていたけれど、最近調子も良かったし参加することにした。
しかし、新幹線で座る→パーティーで座る→帰りの新幹線で座る、を連続でするのが怖いので、前日に新幹線で行って泊まることにした。
行きの新幹線は痛くなく、ホテルで寝て起きた後少し腰が痛い程度だった。
パーティーの間よく座ったが、大丈夫だった。普段電話やメールでしかやりとりしない本社の人と挨拶が出来て本当に良かった。
帰りの新幹線も大丈夫だった。
しかし、次の日家で起きたら腰がとても痛かった。久しぶりにリリカを飲んだ。
この日は痛かったので、1日家で横になって過ごした。
次の日にはいくぶんましになった。この日は韓国の友達が日本に来ていて、会う約束をしていたので行かなければならない。
この子のことをチー子(仮)とする。チー子は心も身体も強い子で、なれるならこの子のようになりたいといつも思う。
チー子と会うのは一年半ぶりなので会えてとても良かった。
チー子は前は日本に住むと言っていたけれど、母国の彼氏と結婚して韓国に帰って行った。
去年結婚して、二人暮らしがとても良いと言っていた。
来年には子供をつくる予定だという。
途中途中腰が少し辛かった。リリカを飲んでしのいだ。
あと、チー子の友達も腰を悪くして手術までしたが、完全には良くならなかったと言っていた。
久しぶりにIKEAの中をグルグル歩いた。IKEAは家具を見るのも、食事も好きだ。あとやっぱり歩いたほうが楽だ。
腰、良くなってね、といわれてバイバイした。

f:id:tsuikannashiko:20180709220829j:image


なぜか最近右だけでなく、左のお尻も痛いことがある。今日も地味に左のお尻が痛い。
腰の状態が悪くなってきているのだろうか。左も椎間孔狭窄症になってきたのだろうか。

左右の上関節突起を削除したら、やっぱり腰椎グラグラになって固定するしかないのかな。

今年は調子のいいことも多いし、なるべく普通の生活をしてみて、どこまでいけるか試したいと思っていたけれど、痛いのは嫌だな。

今日も腰も、地味に左のお尻も痛いし、嫌だ。
久しぶりに、金沢の先生に質問してみようかな。

緑内障の疑い

最近よく寝て目薬しても目がシボシボして奥が痛かったので、アレルギーかもと思い眼科に行った。
それ自体はアレルギーだったのだけれど、その時にやった色々な検査結果から、先生に緑内障の疑いがあると言われた。
緑内障といえば、気付かない間に視野がかけていき、最終的には視力を失うかもしれない怖い病気というイメージがある。
私の母が今60半ばで緑内障であるが、20代で緑内障は早すぎるのではないだろうか。
長い時間をかけて視野が狭くなっていったとしても、40半ばくらいで日々の生活で自覚するくらいには見えなくなるのではないか。
まだ決まったわけではないがショックだ。
来週疑いを確定するための検査をするから来てと言われた。
嫌だな......

同僚に、緑内障の疑いと言われたと話すと、梨子は健康な時がない、呪われてるのかな、と言われた。
最近、その時にもよるが坐骨神経痛が前より良くなり喜んでいたのにな。

嫌だな......
憂鬱......
来週は会社の記念パーティがあるのに、憂鬱な気持ちで参加することになってしまう。
しかも座るし......
嫌だな......持病が増える。
坐骨神経痛持ち、卵巣のう腫、緑内障...
嫌だな......
はぁ......

夜遊び

最近調子が良くて、 趣味の英語サークルのようなものにも顔を出したりしている。2年ぶりだ。
喋ったりお昼食べたりしていると3時間くらい座ることになるが、 痛くない。
昨日は2年ぶりに夜遊びしてみた。
凄く綺麗な顔をしたフィンランド人と喋ったりして楽しかった。
大天使のうちの1人と同じ名前で、天使みたいだねと言うと、 お母さんが僕に天使のようになってほしかったんだと思うと言って いた。
見た目だけで十分天使だと思った。
フィンランド人はフィンランド語があるけれど皆9歳から英語を学 ぶので英語も流暢で、いいなぁと思った。


いつもインコのごまとは夜の7:30-9:00まで遊ぶけれど( ごまの起床は9:00AM)、 夜私が出かけるから早めに出して遊んでおいたんだけれど、 それでも夜私と遊べなかったことが嫌だったようで、 今日は昼間からくっついて離れなかった。
ごめんね、ごまちゃん。


さて、今日は日曜日なので整骨院に行って揉まれてきた。
普通にしていて痛くない時でも、触られるととても痛い。
左の臀部はなんともないのに、 右の中臀筋とか表面の大臀筋とか押されると痛い。 さすられるのは平気。
あと、今日は右の腰の丁度L5とかSとか、 下の方を押した時に臀部の中臀筋あたりが痛くなった。
腰押してお尻痛いのならやっぱり腰の神経原因では?と思う。
そのあと中臀筋とか押していたら坐骨下まで痛くなった。これは、 昔鍼に行っていた時に鍼灸師が言っていた、 トリガーポイントなのだろうか。

すると坐骨下の痛みは梨状筋症候群ではなく中臀筋のトリガーポイントか。

私の元PTはそれとは違う難しい持論があって、聞いたけどよくわからなくて、忙しそうだしあまり突っ込めないでいる。

それにしても整骨院、今まで10分¥1,000で30分¥3,000だったのに10分1,500になってしまったから、20分に縮めることになってしまった。
すごく短い。これからどうしようかな...
近くて良かったのに......

明日は前の病院で紹介してもらった大学病院の神経内科に行く。

一体どんな検査をするのだろう。

新しい病院

月曜日に有給をとって新しい病院に行った。
梨状筋症候群について詳しく書かれた記事をネットで見つけ、 それを書いた先生のところへ行った。ちゃんと紹介状をもって。
病院は総合病院で、色々な科があり大きかった。

先生は私が持参したMRI画像等を見て、 子宮内膜症性の卵巣のう腫が左にあるけど、 坐骨神経痛は右だもんね、さすがに関係ないだろうねと言った。
これは産婦人科でも同じことを言われた。

梨状筋症候群ではないですかと私が言って、先生にはいくつか、 梨状筋症候群の疼痛を誘発するようなテストをしてもらい、 微妙な反応だねと言われた。
股関節を内旋させたとき少しお尻や坐骨下が痛いので、 梨状筋症候群のような感じがするし、 でも脚を閉じた状態で膝を開く方向に力を入れる動作では痛がらな いので、梨状筋症候群かどうか、微妙、といったところだそう。

梨状筋と坐骨神経の走行のパターンは4種類ぐらいあるけれど、 それは見れませんかと言うと、 やはり手術で開けて見ないとわからないと言う。
じゃあ開けて見て、違かったら閉じればいいじゃないですか、 というと、それでは正常な組織も壊してしまうから... と言われた。

また、先生は以前梨状筋症候群の手術をしたけれど、 経過が良くなかったことを話していた。
神経ギリギリのところを切って、 よくなるだろうと思ったんだけど、良くならなかったんだよね.. .と...

梨状筋症候群の筋電図検査はこの病院ではやっていなかった。 先生の持論では、 やってもあまりはっきりとした結果がでないから、だそう。

以前、金沢で椎間孔狭窄症の診断をされたことを話すと、 画像を見た感じではそんなに...という感じだった。それに、 紹介元の病院(前の整形)の名前はよく学会で聞くけれど、 わりと最新の治療をしているところだよね、 もし椎間孔狭窄症だったらその病院でもう手術になってるんじゃな い?と言われた。
金沢の先生は、画像上では悪いところが見えないから、 どこの病院に行っても自分と同じ診断(椎間孔狭窄症の診断) はしないと思う、と言っていたので、そうなんだなぁと思った。

また、股関節のMRIを見て、 股関節あたりの骨(大腿骨だったか、坐骨だったか忘れた)が坐骨神経を圧迫する人もいて、 骨が坐骨神経側に余計に出っ張っている場合はその骨を削ると良く なる場合もあると言う。少し昔流行った手術だと言っていた。
しかし、 私の場合は左右差が無いように見えるので違うだろうと言っていた 。

先生は、梨状筋症候群なら末梢神経に詳しい神経内科の方がよくわかるかもと言い、 病院内の神経内科の人に電話していたが、専門が違のである大学病院の神経内科の方がいいと言われたようで、 そこに紹介状を書いてくれた。

あっちこっち行ってもらって申し訳ないんだけど、 紹介状かくのでここを受診してください、と言われ、 紹介状をもらって帰ってきた。

帰ってから紹介先の神経内科の診療内容ついて調べると、認知症パーキンソン病、末梢神経疾患、神経画像検査などと書かれている。

最近、坐骨神経痛が小康状態だったので調子にのってこの日はたくさん座っていたら、流石に痛くなった。

久しぶりの脊椎のクリニック

昨日は久しぶりに脊椎のクリニックへ行った。
次に行く病院への紹介状を貰うためだ。
主治医にはもう金沢の紹介状を書いてもらっているので、 またお願いするの嫌だなと思っていたが昨日は違う先生が当番だっ た。
この先生には去年、 梨状筋ブロックをしてもらって凄く悪化したんだ。


この病院の、この先生に書いてくださいとお願いして、 普通に書いてもらい、さっさと帰った。


ちらっとリハビリ室を見るが、見知った顔はなかった。 悲しいような、複雑な気持ちになる。

f:id:tsuikannashiko:20180520162758j:image

題名: 羊飼いを見失った羊

自由が丘のいつものお花屋さんでお花を買った。
本当は先週が母の日だけれど、遅い母の日のブーケにした。

f:id:tsuikannashiko:20180520160422j:image


自由が丘、あんまりお店に入らなかったけど、 また来ることはあるのかな。 

椎間孔狭窄症と梨状筋症候群

股関節の外旋筋を鍛えると臀部痛や下肢痛が悪化するので普段はやらないようにしている。

でも、最近は坐骨下や下肢痛があまりなかったため、今外旋筋を鍛えたらどうなるだろうと思いやってみた。

結果、がっつり痛くなった。
お尻の下半分と坐骨下、太ももの外ハムあたりが痛い。
こういう結果になると、やはり梨状筋症候群のように、臀部の筋肉が坐骨神経を圧迫しているのではと思う。

中臀筋あたり、臀部の上の方の痛みは金沢の先生の言っていたようにL5-S1椎間孔狭窄症が原因かなと思う。
腰を反らすと中臀筋あたりの痛みが増すのは、腰を反らすことにより椎間孔が狭くなり余計に神経根を刺激するからだと言える。


以前、整骨院で腰に電気を当てたら中臀筋あたりの痛みが酷くなり、その後整形外科でL5神経根ブロックをするとその痛みが結構良くなったことがある。
だからその時の痛みはL5神経根の痛みであっていたわけだし、その時は電気で一時的に痛みが強くなっていたこともあるが、そもそもの原因にヘルニアも外側ヘルニアもないとしたら、きっと椎間孔狭窄症であっていると思う。


しかし、それは臀部下部と下肢の痛みとは関係ないかもしれない。

今回のように股関節の外旋筋を鍛えて臀部下部と下肢の痛みが酷くなるなら、それに関しては梨状筋症候群のように、臀部の筋肉と坐骨神経の問題なのではないだろうか。

根本的な原因は2つあるのかもしれない。
中臀筋あたりの痛みの原因は椎間孔狭窄症。
臀部下部と下肢の痛みの原因は梨状筋症候群。