梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳。原因は椎間孔狭窄症か、梨状筋症候群か、その他の筋肉原因か...

神経根障害と中殿筋・梨状筋

前回のL5神経根ブロックの後、先生と診察室で話していた。
その日は木曜日で調子のいい日だったが、月曜日は坐骨下とハムあたりが痛かったと話し、でも日曜日になにかしたかなと考えると夜に脚を捻ったりしたからそれかもしれない、だから腰からの痛みじゃないかもしれない、と話した。
先生は、梨状筋症候群とか?と聞いた。
私は、お尻の上の方の、中殿筋あたりの痛みは、梨状筋より上だから腰の神経根障害かもしれないけれど、下肢の痛みは梨状筋症候群とかかもしれないと話した。
腰の神経根障害で中殿筋や梨状筋あたりが硬くなり、それによって梨状筋症候群を併発しているのかもしれないと話した。


先生はその可能性もあると思うと言っていた。
先生は、腰の神経根障害と梨状筋症候群が混ざっての疼痛だとして、その悪循環をどこかで経たなければいけないのだけれど・・・と言っていた。
だからブロック注射とかしているのだけれどなかなかすぱっと良くならない。
それに病院の日にかぎって調子が良かったりする。

上で梨状筋症候群と書いているけれど、中殿筋が硬くても同じような具合になると思う。
むしろ梨状筋症候群ではなく中殿筋症候群だぐらいに思っている。
梨状筋も硬いけれど、私は中殿筋が痛いことが多いし、中殿筋を押すと筋肉的に繋がってないのに坐骨下が痛くなる。坐骨神経が通っているところよりもっと上の中殿筋の上部を押して坐骨下が痛くなるので、坐骨神経痛ではなく筋膜的な繋がりなのかわからないが、中殿筋の硬さや痛さが坐骨下の痛みに繋がっていると思う。
あとは、中殿筋等が硬く上手く動かなくなると殿部の他の筋肉にも影響してぎこちなくなるから、3次的に少し梨状筋症候群も混ざっているかもしれない。
梨状筋の筋電図検査では陰性だったけれど、もっと悪い状態の時に検査していたら結果も違ったかもしれない。