梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

臀筋の萎縮

先週土曜日は、担当PTと最後の日だった。
その日はリハビリではなく、エコーの得意な先生にお尻から太ももあたりのエコーを撮ってもらった。

事前に、お尻に近いところをエコーで撮るけど大丈夫?とPTに聞かれていたが、なんとなく担当PTに見られるのが恥ずかしかったため、他の先生は良いけど担当PTは嫌、と言ってしまった。
なんで自分だけだめなの?!と言われたが、ある程度親しみを感じているから逆に恥ずかしい。
その為エコーを撮る時は担当PTだけ席を外すということになった。

でも、エコーの先生もお尻を撮る時は気を遣ってタオルを掛けてくれたし、これなら全然平気だったなと思った。

エコーの先生はエコー画像を見せながら、太ももの半腱様筋が硬いと言っていた。
また、小臀筋が萎縮していてとても小さい、股関節の臼蓋も浅く見えるから、それが原因で筋肉が上手く動かず萎縮し、過負荷になって痛くなるのではないかと言った。
成る程、股関節のはまりが悪いために周りの筋肉が上手く動かず萎縮するということがあるのか。確かに以前、股関節の権威に左より右の梨状筋が小さいと言われたことがある。するとそれも臼蓋が浅い為に梨状筋が萎縮したと考えられる。

しかし、臀筋の萎縮の原因は他にも考えられる。神経が障害されるとその先で筋肉の萎縮が起こる。つまり臀筋を支配する腰の神経根が障害されても臀筋の萎縮は起こるはずだ。
以前金沢の先生にブログで、MRIで臀筋群に炎症が認められたと伝えた時、それは炎症ではなく腰の神経障害による臀筋の脂肪変性ではないかと回答をもらった。
つまり梨子の臀筋の萎縮の原因は、股関節の軽い臼蓋形成不全かもしないし、腰の神経根障害かもしれないのだ。

臼蓋形成不全と言われれば、確かに右脚の股関節まわりは力が入りやすくギチギチとぎこちなくなる為、股関節のハマりが悪いために筋肉に過剰に負担がかかっているのではないかと前から思っていた。
しかし6年前、臼蓋形成不全やそれに伴う変形性股関節症を疑い、某大学病院の人工股関節置換の名医の診察を受けたことがある。
その時は、心持ちもう少し臼蓋があった方がいい気はするがシャープ角等も正常範囲内で普通だ、と言われている。
また、今通う脊椎クリニックの隣の病院には股関節の権威と呼ばれるドクターが不定期で来ているが、臼蓋について指摘されたことはない。
しかし、MRIやレントゲンに映らない範囲の微妙な臼蓋の緩みがあるのかもしれず、某大学病院の人工股関節置換の先生が言っていた、心持ちもう少しあった方がいい、のもう少し、が股関節の安定の為には重要なのかもしれず、臼蓋に問題が全くないとは言い切れない。

来月、金沢の脊椎の先生を尋ねに行くが、もし原因が腰ではなく股関節の臼蓋にあったら?と今考えている。
脊椎に問題が見つかり手術をしたものの、実は股関節に真の原因があるために良くならなかったら?などとも考える。
その為、股関節の問題である線も金沢の先生に話しておこうと思う。

ちなみにこの日のエコーの先生は、医療大学の理学療法学科の講師の方だった。

f:id:tsuikannashiko:20180312231022j:image

八重のようなチューリップ、自由が丘のモンソーフルールというお花屋さんで買った。

綺麗。