梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

脊椎外科医の戦場

脊椎外科医の戦場というブログを最近見ている。

脳神経外科医であるその先生は他院で診断のつかなかった患者や、手術を受けたけれど良くならない患者を多く診察している。
普通のヘルニアなどポピュラーな脊椎疾患以外にも医師が見逃してしまいがちな脊椎の病変を追及している。

先生はブログで相談を受け付けていたので、現状を相談してみた。

以下、私の相談内容


3年前から右臀部痛、右坐骨下痛、右下肢痛が酷くなりました。股関節の内側、会陰部痛もあります。
立位でじっとしている時や、特に座位で悪化します。
実は10年以上前から、我慢出来る範囲で痛かったのですが、いくつかの病院で原因不明の為我慢していました。
股関節の先生に梨状筋症候群と診断されたこともありますが、やはり違うと撤回されました。
今は都内の脊椎専門の病院で、主治医は脊椎脊髄外科指導医ですが、ヘルニアも外側ヘルニアも無いと言います。しかし、L5-S1椎間板の水分が少なく、異常があるとすればそこだと思っているようです。
L5神経根ブロックは、中臀筋あたりの痛みが少なくなりましたが、坐骨下や下肢痛は良くなりませんでした。
もしかしてS1なのでは?と聞くと、S1は分離しないから違うと言われました。
中略
リハビリも若干効果が出る為、本当に筋肉原因なのかもしれませんが、もしかしたら神経の問題なのかもと思い、迷っています。
仕事はデスクワークですが、座れない為立って仕事をしていますが、それでも痛いです。

これに対して先生から回答があり、短く書くと、この症状の原因は腰椎変性疾患の場合にはL4/5の脊柱管外側かL5/S1の椎間孔内の病変によると考えられる、との回答をもらった。


実際診察しないと断定できないと言うものの、患者の訴える症状だけでどこで病変が起きていると思うか割とはっきりと答えてくれたので驚いた。
脊柱管外側ってどこだろう...聞きなれない言葉だ。

回答には、もし現在の病院で答えが出ないようなら自分の診察を検討するように、諦めないようにとも書かれていた。

今すぐにでなくても、今の主治医に改めて私の疼痛の原因は何であるか聞いてみて、解決しなかったら遠いけれど先生のところまで行ってみようかな。
でも、担当PTはPTで原因を突き止めようと頑張ってくれているので、他の先生に意見を聞きに行くのは悪いような気がする。
気を悪くしないだろうか。
もしその脳神経外科に行くとしたら、きちんと紹介状を持っていきたい。紹介状がなくても受け付けてくれると言うが、主治医に黙って行くより出来ることなら主治医と情報を共有していたい。

でも、やっぱり主治医も、紹介状書いてと言えば気を悪くして関係が悪くなるかもしれない。主治医は自身のマッチョ自慢をしているし、勝手な想像だけれどもしかしたらナルシストでプライドが高いのかもしれない。
今の主治医は脊椎脊髄指外科指導医だし、注射は上手いし低侵讐の手術が得意らしいし、別に悪くない。
今のPTは良いPTだし、リハビリはここで続けたい。
でも脳神経外科の先生の意見も聞きたい。


どうするかな。
とりあえず神社に厄祓いにでも行くかな。