梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

腰に電気でお尻に痛み

先月、親の勧める接骨院に行った。
接骨院なのに、柔道整復師オステオパシーをやっている半整体院のようなところだった。

 f:id:tsuikannashiko:20170615202459j:image

柔道整復師は梨子の身体を調べるが、普通坐骨神経痛持ちに見られる骨盤等の傾き、歪みが見られないという。

整形外科での診断を聞かれたので、梨状筋症候群と、椎間板症と答えた。
柔道整復師は、梨状筋の炎症がそんなに長く続くことはないから、椎間板症だと思うと言い、座っている梨子の頭を上から力いっぱい押さえつけた。

椎間板に圧力をかけて症状が出るか見ているのだ。

痛い?と聞かれたがその時点では痛みはなかった。

その後ベッドに横たわって腰にかなり強い電気を流すと、なんとなく右のお尻が痛くなってきた。
そして帰り道には右のお尻がとてもこわばってきてしまった。

その日はもともと調子がよかったのにとても痛く、週末まで痛かった。

f:id:tsuikannashiko:20170615202748j:image

そして週末、初めて神経根ブロックを打ってもらい、いつもの痛さはそのままだが接骨院でのこわばりは取れた感覚があった。
脊椎脊髄外科指導医は、痛みは一時的なものだろうと言っていた。

腰に電気をかけてお尻が痛くなったのは、やはりお尻につながる神経を刺激したからだろう。
左右の腰に掛けたのに、右だけ反応するということは過敏になっているのだと思う。

とするとやはり通常のお尻の痛みや坐骨神経痛も腰の神経からきているのではないか。

指導医は梨子の腰はヘルニア等は全くないと言っていた。
先生は椎間板症についても、あってないような病名、ほかにつけようがないからつける病名と言っていたのだが・・・。

f:id:tsuikannashiko:20170615204656j:image

その腰椎椎間板症が原因だった場合、どうなるんだろう。
リハビリは1年以上している。

なにもないのに手術しようがないのではないか。
すべり症の人には椎骨固定術があるが、手術等、なにか手段がないだろうか。

助かりたいなあ。。。