梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

ピル ルナベル

産婦人科へ再診に行き、ルナベルというピルをもらった。

f:id:tsuikannashiko:20170609222236j:image

生理の量を減らして、卵巣嚢腫が大きくなるのを抑えようということだった。

子宮内膜症由来の卵巣嚢腫は治らない病気だから、進行を抑える方向らしい。

手術は?と聞くと、手術すると卵巣の機能が落ちるから若い人には勧めないという。再発もよくあるから、するとしても一生に一回でいいと言われた。

チョコレート嚢胞は癌になるとか聞きましたよと聞くと、癌になる心配は高齢になってからだそうだ。

f:id:tsuikannashiko:20170610002401j:image

リリカとピルの飲み合わせは調べてくれたようで、大丈夫と言っていた。

ネットで子宮内膜症を検索したら怖いこといっぱい書かれてましたよと言うと、怖いことはいくらでもかけるからねぇと言っていた。

とりあえず、今すぐ何がどうなるという話ではないらしい。

というか、梨子はとても心配性なので、極力心配せず、ピルを忘れずに飲もうとおもう。

といってまだなんとなく不安だけどね。