梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

整形外科と整体は犬猿の仲?

整形外科と整体は、お互いが嫌いなようだ。

整体や気功等、民間の治療院に行くと、整形外科の批判をされるし、
整形外科もあまり整体を良く思っていないように感じる。

前の病院にいた時、前主治医がfacebookでカイロプロテックの危険な施術による事故を取り上げていた。
患者の重大な疾患を見抜けず、無理な施術をして死んでしまったという記事だった。

前主治医は、こういうこともあるから、施術する側は気をつけてねという投稿をしただけだったが、その投稿は他の医師にシェアされ、カイロや整体には気をつけるようにという由の投稿をされていた。

反対に、整体に行くと、整形外科なんて診察して薬だしてほっといて、悪くなったら手術だよ、と怖がらせてくるところもある。
気功師に、劣化した椎間板は元に戻らないと病院で言われたと話すと、医者はそんなこと言うの!酷いねえ!!とやっぱり医者が嫌いなようだった。

なんで整形外科は整体が嫌いなの?と前の病院の理学療法士のおじちゃんに聞いてみた。

おじちゃんは、整形外科で働くような理学療法士とかは、大学等で4年間しっかり学び資格を取っているので、みんな一定のレベルはある。
レベルがそんなに高くなくても、みな一定のレベルはクリアできているから、そんなに低い人はいない。

対して整体とかは、1年くらいスクールに通って民間の資格をとればなれる。
もちろんその中でも凄い人もいて、自分が時々セミナーに行くと整体の凄い人とかに会って尊敬できる人もいる。
だけど本当にピンキリで、凄いレベルの人もいれば本当にレベルの低い人もいる。

と言っていた。

でも整体の人も整形外科嫌いですよね、というと、
やっぱりそうでしょ、となんとなくムスっとしていた。

整体が整形外科を嫌いなのは何故だろう?
それはちょっとよくわからない。

なぜ嫌い合うの?という質問に理学療法士のおじちゃんは、同業だからじゃない?と言っていた。

でも、私や、腰痛放浪記を書いた夏樹静子さんも、整形外科で治らなかったから整体や気功に通いだしたのだ。

つまり普通はみな腰痛や坐骨神経痛があれば、だいたい整形外科に一度は行くのだと思う。

結局、整形外科で良くならない人が整体に流れていくのではないのかな。
整形外科に希望を持てないから整体やカイロに希望をもつしかないんだ。

それで良くなればいいんだけど、やっぱり治るものと治らないものがある。

f:id:tsuikannashiko:20170517204133j:image