梨子と坐骨神経痛

坐骨神経痛もち26歳の記録 腰椎椎間板症か梨状筋症候群か確定診断つかず

脊椎脊髄外科指導医

昨日は脊椎脊髄外科指導医の診察だった。

もともと梨子は脊椎脊髄病医に、椎間板に問題はないと言われていたが、治療も手術もより経験豊富な脊椎脊髄外科指導医に診てもらうことにした。

先生には、前の病院から今までの経緯を話した。

前の主治医に腰椎椎間板症と診断され、今の病院の股関節の権威に梨状筋症候群と診断され転院するもその後梨状筋症候群ぽくないと言われて脊椎脊髄病医に回され、しかし腰には異常ないと言われていること。

脊椎脊髄外科指導医は、梨子の腰部はヘルニアも出ていないし、椎間板も左右対象に丸いし、特に画像上問題が無いという。

そして、腰椎椎間板症とはあってないような病名で、特に異常がなくても痛みが出てる時に付けるような病名だとも。

画像上問題はないが、神経が何らかの原因で炎症をおこしているのではないかとの見解で、神経根ブロックになった。

神経根ブロックは、その日は調子が割と良かったので明らかな効果がわからなかったが、前日から変に張っていた右臀部が少し緩んだ感じがした。

もし今回の脊椎脊髄外科指導医の見解が正しく、L5-S1の間の神経の炎症が悪さをしていたとするなら、今まで臀筋がぎこちなかったのはその神経痛と、神経痛で筋肉が強張っていたからか。

素人の梨子は、その神経痛で全体的に臀筋が硬くなり、梨状筋も硬くなり、更に梨状筋症候群のような症状がでてもおかしくないんじゃないだろうか、と1人で考えてしまう。

また、先生は椎間板等の圧迫はないが神経が炎症を起こしているのだろうと言っていたが、その原因というのがなにか、という肝心なことを聞き忘れてしまった。

今度聞こうと思う。

↓神経根ブロックについて